自分に合ったストレス解消法を見つけよう!

ストレスは悪いものだけじゃない

ストレスと聞くと、悪いイメージだけを持たれがちですが、ストレスには「いいストレス」と「悪いストレス」の2種類があります。悪いストレスは溜めこむと体にいい影響はないので解消した方がいいでしょう。いいストレスなら、成長や達成感に繋がるのでストレス全部が悪いものとは言い切れないのです。

ストレス解消法は人によって合うものが違う

ストレス解消には色んな方法があります。人によって合う解消法は異なるので、いくつか試してみて自分に合うものが何か見つけてみるといいでしょう。まだ見つけきれていない人や、他にも合うものがあるか確認したい人は、おすすめの解消法を5つ紹介するので、参考にしてみてください。

おすすめのストレス解消法5選

カラオケ

大声を出すことは、ストレス解消になりますが、ただ叫べばいいというわけではありません。怒鳴ったり、暴言をいうとストレス解消になったとしても、罪悪感なども生まれやすいのです。しかし、好きな歌を歌うと気持ちがいいですし、いい気分になるでしょう。もちろん、自宅や車の中で歌う方法でも問題ありません。

紙に書き出してみる

声に出す以外にも、吐き出すことがストレス解消には有効です。声を出すのが難しかったり、身体を動かすのが苦手なら、自分の思いを書き出していくといいでしょう。これなら時間や場所を気にすることなくできるので、手軽に試すことができますね。また、書き出すことで気持ちが整理されるので、問題の解決に繋がることもあります。

泣いてみる

特に男性は、泣くことにネガティブな印象を持っている人もいるでしょう。しかし、思いっきり泣くことでストレスを解消する効果があるのです。泣くためには場所を選ぶ必要がありますが、休みの日に映画などを見て泣くのもいいでしょう。泣きたいのに泣くのを我慢するということは、ストレスを溜めている状態とかわらないので、泣けるときに泣いてすっきりしましょう。

何かを壊す

壊すといっても、家具や壁を壊すのはやめておいたほうがいいでしょう。人に迷惑がかかるようなことも避けたいですね。壊すなら、段ボールや紙を破く、缶を握りつぶすなどの方法にしましょう。壊すことは一見悪いことに見えるかもしれませんが、ストレス解消につながるのは確かです。そのため、壊しても問題のないものを選びましょう。

体を動かす

思い切り体を動かすとスッキリする人は多いでしょう。健康のためにも体を動かすのはいいですね。ストレス解消の観点から言うと、ジョギングなどのゆったりした運動より、たくさん体を動かすものの方がおすすめです。ダンスやボクササイズ、サッカーなどは初心者でも挑戦しやすく体を思いきり動かせるので人気があります。

ストレス解消方法を知ってストレス発散する

カウンセリング

人の手を借りるのもアリ

色々試しても、ストレスを解消するのが難しかったら、誰かに頼ってみてもいいでしょう。例えば、カウンセリングやヒプノセラピーなどです。人に話したりするだけでもストレスを軽減させることはできますし、自分でも気づかなかったストレスの原因を見つけてもらえるかもしれません。東京にはカウンセリングを受けられるところがたくさんあるので、一度行ってみるといいですね。

産業医によるストレスチェック

現在、企業にはストレスチェックをする義務があります。従業員がストレスによる疲労を溜めてしまい、精神面での不調が出るのを事前に防ぐためなのですが、ストレスチェックをするには産業医にお願いした方がいいでしょう。医師を紹介してくれるサイトを使えば簡単に依頼することは可能です。個人だけでなく、企業全体で対処することでストレスを解消していきたいですね。

新着情報

広告募集中